女性

ほくろの治療が簡単【効率良くリサーチできる方法】

きれいに除去しよう

看護師

紫外線予防が大切です

ほくろができる原因にはいくつかあり、先天性と後天性のものがあります。後天性の主な原因として紫外線があり、紫外線を浴び過ぎると皮膚がんやメラノーマといった大きな病気になる可能性があるので注意が必要です。ストレスやいろいろな刺激でほくろができることもあり、除去するにはレーザー治療やくり抜き法・縫縮法などの方法があります。最近ではレーザー治療の人気があり大きさや状態によって治療方法が異なるので、専門医に相談すると良いでしょう。自分で除去しようとすると傷口が化膿する可能性があるので、形成外科などの専門医の治療を受けることをおすすめします。治療しても普段の過ごし方によって違う場所にできることもあるので、メラニン色素を作らないための予防が大切です。特に夏場は肌の露出が多くなるので注意しましょう。紫外線は3月頃から強くなりはじめるので、肌に影響を与えていきます。曇の日でも晴れの日の約6割の紫外線があるので注意が必要です。午前10時〜午後2時が最も紫外線が強くなるので、外出する場合は日焼け止めクリームなどを塗ってしっかり対策を行うことである程度予防することができるでしょう。スキンケアをきちんと行った上で濃い色の服など着ていると紫外線を通しにくいのでカットすることが可能です。肌の露出が少ないものや濃い色の服を選ぶと効果があり、帽子や日傘なども活用すると便利です。特に目の周りの肌は薄いので紫外線のダメージを受けるのでサングラスをかけると効果があり、首元にストールをかけるのも良いでしょう。一般的に大きなほくろは局部麻酔をし電気メスなどを使って切ったりくり抜いたりすることが多く、小さなものはレーザー治療がよく利用されています。電気メスやレーザーにはいろいろな種類がありほくろをきれいに除去してくれるクリニックを探す場合、治療の種類が多い場所を調べて比較検討すると良いでしょう。施術内容や施術スケジュール・費用などに関して調べ、事前にカウンセリングを受けると適切なクリニックを選択することが可能です。ほくろの状態や肌質などを相談し、施術に関する不安点や疑問点に関して質問してみると良いでしょう。医師の技術の大切で、治療機器が最新のものでも医師の技術が悪かったり事前説明が悪かったりすると信用することができません。実際に医師からの施術を受けた人の話を聞いたり、治療する前のカウンセリングにおいて医師と相談したりすると印象などを確かめることが可能です。クリニックのホームページにはこれまでの実績や症例などを掲載しているところもあるので、事前にどのような治療を行うのかチェックすることができます。アフターケアなども確認しておくともし何かあった時の際に安心して施術を受けることが可能です。気になるのが費用ですが、ほくろ除去はクリニックによっては保険が適用されるところもあるのでコストを抑えることが可能です。クリニックによってはキャンペーンやモニター制度などを開催しているところがあるので、これらを利用するとコストをかなり抑えて施術を受けることができるでしょう。いくつかクリニックに問い合わせてみると良い医師に出会うことができます。